さらば戦争!映画祭              GoodByeWar! FilmFestival - 2009/12

さらば戦争!映画祭について




[PR]



2009年12月31日(Thu)▲ページの先頭へ
さら戦2009の様子&新年会のお知らせ
映画祭2009の様子です。
ご来場いただいた皆さま、トークゲストにお越しいただいた皆さま、どうもありがとうございました!☆
        

さら戦新年会を、1月25日の19時から、上野でやります。
映画について語りたい方、映画祭スタッフをやってみたい方、どなたでもご参加下さい!
詳しくは実行委員会まで。

■■■映画祭実行委員会連絡先■■■

■メール
info@eigasai-60.com
■住所
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル3階
オリーブの樹法律事務所気付
「さらば戦争!映画祭」実行委員会

ちなみに、映画祭2009打ち上げと二次会の様子↓
  
お酒と疲れで最後には寝ている人もいました…。^^


2009年12月15日(Tue)▲ページの先頭へ
「パリのモスク」上映に際してアメリカからメッセージ
「パリのモスク」の英語字幕を作りアメリカで上映してこられたアネット・ヘルスコビッツさんから映画祭へのメッセージが寄せられています。

...........................

アネット・ハースコヴィツから「さらば戦争!映画祭」へのメッセージ

*アネット・ハースコヴィツはフランスに生まれ現在アメリカ合衆国在住。1943年、4歳のとき、両親はアウシュビッツに送られ、そのまま戻ってこなかった。アネット自身は、地下の救援組織によってかくまわれ、生き延びることができた。現在、「パリのモスク」のアメリカでの上映に力を尽くしている。*

「さらば戦争!映画祭」で上映される「パリのモスク」について一言を、との米田麻衣さんの要請に応えて、この映画をこれからご覧になるみなさんに、映画の背景を説明したいと思います。

この映画が描いているのは、ナチによるヨーロッパ系ユダヤ人殺戮のただ中で実際にあった話、それも多くの人が知らなかったと驚くような事実です。

1940年、フランスがドイツに破れてのちに成立した傀儡政権は、全面的にナチ・ドイツ占領軍に協力しました。協力にはユダヤ人狩りも含まれていました。

その中で、協力しなかった人々や団体がありました。パリの大モスクの指導者もその一人で、1940年後半からモスクの全スタッフとともに、ユダヤ人とレジスタンス闘士をモスクにかくまいました。

当時フランスに済んでいたムスリムのほとんどは、アルジェリアの山岳地帯カビリアの出身でした。カビリアに済むカバイル人は、8世紀にアラブ人たちがこの地を征服する以前から北アフリカに住むベルベル人の一部族です。アルジェリアは、1830年にフランスが暴力的に制圧して以来、フランスの植民地となっていました。

フランス人に国土の優良な部分を占領され、アルジェリア人は生計をたてることができなくなって、フランスに職を求めて移住してきました。アルジェリア人は、第二級市民として差別されていましたが、占領者ドイツに対するフランス人たちのレジスタンスに参加していきました。アルジェリア人の移民は、ナチズムは人種的優越性という狂ったイデオロギーであると見抜いていました。

1942年7月16日の未明、フランス政府はフランス国籍をもたないユダヤ人の大量拘束を実行しました。パリでは、警察が市バスを徴発し13000人のユダヤ人を拘束して積み込みました。その大部分は女と子どもたちでした。男は拘束のうわさが流れるとすぐ身を隠していたからです。誰もが拘束されるのは男だけ、と信じていました。ところが、女と子どもが拘束され、2歳から16歳までの子ども4000人が拘束されたのです。

翌日も拘束は続きました。が、アルジェリア移民の労働者が住まうパリの貧しい宿屋から宿屋へ、カバイルの言葉で書かれた小さなメモが回され、字の読める男たちによって読み上げられていました。

「昨日未明、パリのユダヤ人は拘束された。老人も女性も子どもも。私たちと同じに異郷の地にあり、私たちと同じ働く者たち。かれらは私たちの兄弟。かれらの子どもたちは私たちのこ子どもも同じ。その子たちの一人に出会った者は、不幸や悲しみの続く限り住みかと保護を与えるべし。我が同胞よ、あなたの心は寛容である」

この言葉を読むと、いつも涙があふれてきます。

7月のこの2日間に拘束されたユダヤ人は、ほんのわずかの例外を除いてアウシュビッツへ送られ、殺されました。

私の両親は、このときの拘束ではつかまりませんでした。両親は、ルーマニア系ユダヤ人で、まだそのとき、ルーマニア政府はユダヤ人を守る立場を堅持していたからです。その年の秋、ルーマニアは保護をやめました。両親は、1943年5月、拘束され、6月、アウシュヴィッツに送られ、もうそれきり帰ることはありませんでした。

兄と姉、そして私は、1943年初め頃に、両親によって、農村部へ送られていました。それ以来戦争が終わるまで、私たちは身をかくして生き延びたのです。17歳だった兄は自力で。でも姉は13歳、私は4歳でしたから、地下の救援組織の手にゆだねられ、いのちを救われました。こうして助かったユダヤの子どもたちは、500人あまりいます。

戦争が終わって50年もたった2003年、子どものときナチからかくまわれたユダヤ人たちが発行しているニュースレターに載った短い記事が目にとまりました。記事は「パリのモスク」の映画監督、デリ・ベルカーニが書いたもので、モスクの救援活動の証人をもとめていました。

ちょうど911の事件の後で、アメリカではムスリムに対する攻撃が数多く起こっていました。イスラームについて知識のない人々は、ムスリム イコール テロリストと関連づけていました。
デリ・ベルカーニは、私がパリにいた頃からの友人でした。私は彼に連絡して、映画のフィルムを手に入れました。英語字幕をつけ、現在、教会、学校、市民センターなどで、私自身の体験を語りながら上映しています。

このような映画がホローコーストからの生還者によって上映される、という、そのこと自体が、映画を見る人に衝撃を与え、ユダヤ人に対するものであれムスリムに対するものであれ、偏見は無知から生じるのだと気づかせるだろう、そう考えて、上映を始めました。たとえば、北アフリカや中東の多くの地域では、何世紀もの長い間、ユダヤ人とムスリムが平和に共存していたことは、ほとんど知られていません。

この映画で描かれているモスクの実話は、インターネットで広まっています。また、子どもたちに読んでもらおうと、美しい絵本もできたところです。長編の劇映画を作ろうという話ももちあがっています。

日本語字幕をつけ、今日の映画祭で上映してくださったみなさん、ありがとうございます。私は、この映画祭のタイトル「さらば戦争!」に大きな希望を見いだしています。いま、一部の国々は、恐るべき量の殺戮のための軍備をもっていて、そのすべてはほとんど市民に向けて使われてきました。いまこそ、国家間の紛争解決の手段としての戦争に反対すべきときです。

この映画が、さまざまなところで多くの人に観られ、「さらば戦争!」への小さな一歩へとつながることを願っています。


......................
以下に原文を掲載します。

A message from Annette Herskovits to the Film Festival: Goodbye War!.

Annette Herskovits was born in France but now lives in the United States. In1943, when she was four years old, her parents were deported to Auschwitz,never to return.

She survived the war in hiding thanks to a clandestine rescue network. Shehas been instrumental in introducing the film to viewers in the UnitedStates.

The film documents an episode in the Nazi destruction of European Jews that is surprising to most people:

After Germany defeated France militarily in 1940, a puppet government tookover, and collaborated fully with the Nazi occupiers, including the hunt for Jews.

But some individuals and institutions did not cooperate: Starting in late1940, the rector of the Grand Mosque of Paris, with the help of his entire staff, hid Jews and resistance fighters inside the mosque,

Almost all Muslims living in France at that time were from a mountainous region of Algeria called Kabylia. The Kabyls are Berbers, who inhabited North Africa before the Arab conquests in the 8th Century. Algeria itself became a French colony after a brutal war of conquest starting in 1830.

French settlers took the best land. Algerians, unable to support their families, migrated to France to work. Although they were treated assecond-class citizens, many became involved in the French resistance against the occupiers. They saw clearly that Nazism was a deranged ideology of racial superiority and domination.

In the early morning hours of July 16, 1942, the French government helped carry out a massive roundup of Jews of non-French nationality. In Paris,police in requisitioned city buses arrested 13,000 Jews, mostly women and children. Men had gone into hiding as rumors of a coming roundup circulated everyone believed only men were at risk of arrest. In fact, more than4,000 children aged 2 to 16 were among those taken.

On the next day, as the roundup continued, a tract written in the Kabyltongue circulated through the miserable hotels that were home to immigrant Algerian workers and was read aloud to the mostly illiterate men:

"Yesterday at dawn, the Jews of Paris were arrested. The old, the women, and the children. In exile like ourselves, workers like ourselves. They are our brothers. Their children are like our own children. The one who encountersone of his children must give that child shelter and protection for as long as misfortune or sorrow lasts. Oh, man of my country, your heart is generous."

I cannot read those words without tears coming to my eyes.

With a very few exceptions, all the Jews arrested during these two days in July were transported to Auschwitz where they were murdered.

My own parents were not arrested in that roundup, because they were Jews from Romania and were still under the protection of the Romanian government.In the fall, Romania withdrew its protection. My parents were arrested in May 1943 and deported to Auschwitz in June, never to return.

My brother, sister and myself had been sent away to the countryside by our parents in early 1943, and we survived the war in hiding. My 17-year old brother was on his own, but my sister and myself, aged 13 and 4, were taken in charge by a clandestine rescue network which saved our lives, together with those of 500 other Jewish children.

That network was not connected with the Paris mosque. It consisted of Catholics, Protestants, Jews, and communists who worked together, risking their lives to save Jewish children.

Nearly 50 years after the end of the war, in 2003, I saw a short article in the newsletter of the association of Jews hidden from the Nazis as children.The article by Derri Berkani, the film maker asked for witnesses to the mosque rescue activities.

This was in the period after 9/11, when there were many attacks against Muslims in the United States. The public, ignorant about Islam, equated Muslims with terrorists.

I got in touch with Derri Berkani, a friend from my days in Paris, and obtained a copy of the film, subtitled it in English, and have shown it in churches and schools and community centers together with a telling of my own story.

I thought that the fact that the movie was presented by a holocaust survivor would shake viewers into understanding that prejudice, whether against Jews or Muslims, is based on ignorance. For instance, people do not know that through the centuries, Jews and Muslims have often lived together in peace in many lands in North Africa and the Middle East.

The story of the mosque has circulated through the web, and a beautifully illustrated children's book about it has just come out. There is also talk of a full-length fiction film.

I want to thank Mari Ikeda and Mai Yoneda for adding Japanese subtitles and showing the film here. I find the title of this festival very hopeful:Goodbye war!
When some countries have accumulated an extraordinary array of military killing technology, all of it mostly used against civilians, the time has come to reject war as a means to resolve disputes between states. I hope that the diffusion of this film will be a small step in that direction.


   










新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年12月
   
   

アーカイブ
2006年 (18)
9月 (10)
10月 (3)
11月 (5)
2007年 (21)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (1)
8月 (1)
10月 (9)
11月 (3)
2008年 (15)
9月 (1)
10月 (13)
11月 (1)
2009年 (15)
6月 (1)
10月 (10)
11月 (2)
12月 (2)
2010年 (15)
10月 (9)
11月 (5)
12月 (1)
2011年 (6)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
11月 (1)
12月 (2)
2012年 (9)
1月 (8)
2月 (1)
2013年 (1)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:10
昨日:157
累計:270,538