さら戦2007

さらば戦争!映画祭について




[PR]



2008年09月17日(Wed)▲ページの先頭へ
2007年 第3回「さらば戦争!映画祭」top


日時
2007年11月17日(土)
10時〜20時(開場9:30)


場所
東京ウィメンズプラザホール
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

チケット
前売り券2000円 当日券2500円
>今年も中学生以下無料!
>途中入退場可、全席自由


上映作品:
「夕凪の街 桜の国」【監督 佐々部清 2007年】
「オレの心は負けてない」【監督 安海龍 2007年】
「花の夢−ある中国残留婦人−」【監督 東志津 2007年】
「パッチギ〜LOVE&PEACE」【監督 井筒和幸 2007年】

井筒和幸監督のトークショー決定!


2007年11月20日(Tue)▲ページの先頭へ
大盛況!!
さらば戦争!映画祭2007 大成功♪

お天気にも恵まれ、
会場に約300人のお客様が足を運んでくださいました。
ありがとうございました!!

開場準備に手間取り、
開場前は、寒空のなかお客様をお待たせしてしまいましたが、
プログラムどおり進めることができました。

すべての映画に涙し、
被爆者の方と栗原貞子さんのお話しが心に響き、
井筒監督のときおり毒舌がまざる軽快なトークに時間を忘れてしまいました。

また、井筒監督のトークの中で、
「2年前に、『さらば戦争』という戦争を扱った映画ばかりが
上映されるこの映画祭で、(パッチギを)取り上げてもらったことや、
会場の外で売っていた『侵略神社』という本を買って読んだことが、
より戦争を深く描く観点でこの映画を撮るきっかけになった。」
とのお話しに、実行委員は皆、元気をもらいました。

お客様からは激励の言葉とたくさんのカンパをいただきました。
来年も開催できるよう、がんばっていきます。



2007年11月16日(Fri)▲ページの先頭へ
いよいよ明日開催です!!!
●今のところタイムテーブルに変更はありません●

☆さらば戦争!映画祭2007 プログラム☆ 

   10:05 『夕凪の街 桜の国』

   12:05 被爆者の方のお話

      休憩(50分)

   13:10 『オレの心は負けてない』

      休憩(15分)

   15:00 『花の夢 ―ある中国残留婦人― 』

   16:40 中国残留婦人栗原貞子さんへのインタビュー

      休憩(15分)

   17:15 『パッチギ!LOVE&PEACE』

   19:20 井筒和幸監督トーク

*前売券は締め切りとさせていただきました

*現在、最後の追い込み作業をおこなっています!!

*明日は少し寒くなるようですが天気はよさそうです♪
 みなさん楽しみにしていてください!!
 会場でお会いしましょう
 




2007年11月09日(Fri)▲ページの先頭へ
カンパのお願い
★ カンパをお願いします! ★

  この映画祭は有志で行っている自主上映企画です。
  カンパのご協力をよろしくお願いいいたします。


★ 振込み先  ★

*郵便振替です            
口座番号: 00130−8−686075

口座名称: さらば戦争映画祭実行委員会
 

          


2007年10月14日(Sun)▲ページの先頭へ
2007作品紹介 『パッチギ!LOVE&PEACE』
『パッチギ!LOVE&PEACE』

2007年/監督 井筒和幸/127分
http://www.pacchigi.jp/loveandpeace/

 1974年。京都で大暴れしていたアンソン(井坂俊哉)は病にかかった息子チャンスの治療のために一家を引き連れ東京に引っ越してきた。
 キョンジャ(中村ゆり)はふとしたきっかけで芸能プロダクションにスカウトされるが、チャンスの治療費を稼ごうと芸能界入りを決意。
 チャンスの病状は悪化し日本では治らないことがわかると、アメリカでの治療費を稼ぐためアンソンは乱闘騒ぎのさなかに出会った元国鉄職員佐藤(藤井隆)と危険な仕事へと突っ走る。





2007作品紹介 『花の夢−ある中国残留婦人−』
『花の夢』 ―ある中国残留婦人―

2007年/監督 東志津/97分
http://www2.odn.ne.jp/ise-film/works/hananoyume/hana1.htm

 「お国のために尽くしたい」希望に燃えて中国へと旅立った直後に敗戦。
 混乱の中、帰国することができずその後35年も「中国残留婦人」として生きてきた栗原貞子さん。
 戦争によって人生を狂わされ、ようやく生き延びたが、その後の人生もまた苦難の日々。
 私たちはなぜ棄てられたのか?
「生きられるまでは生きようね」との言葉を最後に亡くなった友の亡骸は、今も中国の大地に眠っている。




2007作品紹介 『オレの心は負けてない』
『オレの心は負けてない』

2007年/監督 安海龍/93分
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7486/

 日本軍に騙され、中国・武昌で「慰安婦」となることを強要された宋神道さん。
 妊娠もしたが、子どもは中国に残してくるほかなかった。
 敗戦後、日本軍人の「結婚して一緒に日本に行こう」との言葉に望みをかけ渡日。
 しかし、博多港につくや放り出される。
 宮城県在住の在日朝鮮人河再銀さんに救われ、河さんが亡くなる1982年まで共に暮らした。
 沈黙の半世紀を生き、1993年、日本政府を相手に提訴。長い10年の裁判を闘い抜いた宋神道さんと支援者たちのドキュメンタリー。





2007作品紹介 『夕凪の街 桜の国』
『夕凪の街 桜の国』

2007年/監督 佐々部清/118分
http://www.yunagi-sakura.jp/

 原爆投下から13年が経過した広島の街に暮らす皆実(麻生久美子)は同僚打越(吉沢悠)から愛を告白される。
 被爆体験が深い心の傷となっていた皆実を打越は優しく包むが、やがて皆実には原爆症の症状が。
 それから半世紀後の東京に暮らす皆実の弟・旭(堺正章)は家族に黙って広島への旅に。
 娘の七波(田中麗奈)は父を追ううちに家族が背負ってきたものや自分自身のルーツに思いを馳せていく...。
      




2007年10月12日(Fri)▲ページの先頭へ
前売券2007
☆☆お得な前売り券を是非お買い求めください☆☆

 ◎ 2007年11月9日受付分まで(11月9日振込み完了)

 ◎ 下記の郵便振替口座までお振込みください。
    郵便口座 00130−8−686075 
    口座名義 さらば戦争映画祭実行委員会
  
   確認後、ご郵送させていただきます。
   なお、振込み手数料はご負担下さい。
   チケット送料は実行委員会が負担します。

 ◎ お申込はメール(info@eigasai-60.com)にて、
   下記項目をお知らせ下さい。
   メールの件名は「前売り券」としてください。
  @ お名前 A ご住所 B お電話番号 Cご希望枚数

 
 ☆お申し込みをお待ちしております!☆



2007年10月11日(Thu)▲ページの先頭へ
2007年 タイムテーブル
☆さらば戦争!映画祭2007 プログラム☆ 

   10:05 『夕凪の街 桜の国』

   12:05 被爆者の方のお話

      休憩(50分)

   13:10 『オレの心は負けてない』

      休憩(15分)

   15:00 『花の夢 ―ある中国残留婦人― 』

   16:40 中国残留婦人栗原貞子さんへのインタビュー

      休憩(15分)

   17:15 『パッチギ!LOVE&PEACE』

   19:20 井筒和幸監督トーク


 *プログラム等は予告なく変更することがあります。
 *なお、当日の進行状況等によっても若干の時間変更がある場合もあります。
  予めご了承ください。
  ご覧になりたい作品の開始に間に合うようお早めにお越し下さい。
 *入替え制ではありません。




2007年10月10日(Wed)▲ページの先頭へ
実行委員会からみなさまへ
☆☆☆さらば戦争!映画祭2007について☆☆☆

 戦争放棄を誓った日本はこの60余年、何をしてきたのか、してこなかったのか。なぜ平和憲法が制定されたのか。

 フィルムに描かれるそれぞれの人生に、今を生きる私たちが感じ取ることもまた、それぞれ異なるでしょう。

 ただ、もう戦争はなくしたい。そんな想いだけは共通するのではないでしょうか。

 戦争がどれほど悲しく辛く、残酷なものか。それを伝えてくれている人たちの生命に、苦難の戦後に、「生きていてくれてありがとう」という想いで、私たちにできることをしたいと思いました。

 劇場で公開された映画も、ここでしか見ることができない映画もあります。
ぜひ多くのみなさまにご来場いただければ幸いです。




2007年10月01日(Mon)▲ページの先頭へ
ボランティアスタッフ募集中!!
♪今年も募集しています♪

☆☆☆STAFF大募集☆☆☆

ボランティアスタッフを募集しています。
映画が好きな方、「さらば戦争!」を叫びたい方…
企画に興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
一緒にいい映画祭をつくっていきましょう!!
お待ちしています!

今後の実行委員会の日程は
2007年10月15日(月)19:00〜
2007年10月25日(木)19:00〜
2007年11月6日(火)19:00〜
2007年11月16日(金)19:00〜 です。



★連絡・お問い合わせ

「さらば戦争!映画祭」実行委員会事務局
 E-mail:info@eigasai-60.com



   










新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年9月
         
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ
2006年 (18)
9月 (10)
10月 (3)
11月 (5)
2007年 (21)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (1)
8月 (1)
10月 (9)
11月 (3)
2008年 (15)
9月 (1)
10月 (13)
11月 (1)
2009年 (15)
6月 (1)
10月 (10)
11月 (2)
12月 (2)
2010年 (15)
10月 (9)
11月 (5)
12月 (1)
2011年 (6)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
11月 (1)
12月 (2)
2012年 (9)
1月 (8)
2月 (1)
2013年 (1)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:10
昨日:157
累計:270,538